テレビアンテナ工事を行なうなら雪害対策が重要になります

雪害対策を兼ね備えたテレビアンテナ工事

複数のアンテナ

降雪量が多い地域では、何度も雪害でテレビアンテナが壊れないようにする対策が必要になります。ここでは、アンテナを守る対策方法を紹介するので取り入れてみてください。

テレビアンテナの雪害対象法

フィルムヒーターの装着
フィルムヒーターは、薄型でしなやかという特徴があり様々な用途で使用できます。アンテナに取り付けて稼働させることで、ヒーターの熱でアンテナに積もる雪を解かすことが可能です。雪を解かせば、雪害による傾倒を防止できます。フィルムヒーターには、様々な形をした種類があるのでどんなアンテナでも装着できるのです。耐水性にも優れていますから、溶けた雪で故障する心配はありません。
ビニール袋をかぶせる
テレビアンテナに大きなゴミ袋を被せる対策方法があります。アンテナよりもサイズの大きなゴミ袋を被せて、ある程度張りがある状態にして縛るだけです。袋を被せておけば、積もった雪を袋の両端を引っ張るだけで簡単に落とせます。ゴミ袋を被せても電波状態に影響はなく、普通にテレビを見れるので安心です。屋根では危険ですから、ベランダに設置しているアンテナの時に行なってください。
外壁設置タイプのアンテナを導入する
最近では、外壁に設置できるデザインアンテナという製品が発売されています。従来の形と違い、長方形で薄いという特徴があるアンテナです。薄型なので、屋根以外にも外壁やベランダの内側に設置可能です。そのため、雪の積もりやすい屋根以外の場所でも設置できるため、雪害を受けないよう対策ができます。電波を受信する受信面に雪が降り積もらないので、雪による劣化を防止できるというメリットもあるのです。

固定工事を施して災害に強いアンテナにする

BS・CS放送のテレビアンテナは、少し向きが変化しただけでも受信できないです。雪害や台風などが発生すると、どうしても影響を受けてしまうため何度も修理が必要になります。それを避けるためにも、固定工事を行なって災害に備えましょう。屋根裏にアンテナを取り付ければ、雪害や台風の影響は受けません。

TOPボタン