雪害等によるテレビアンテナの不具合は点検して工事業者に修理してもらう

災害の影響を受けやすいテレビアンテナ

テレビアンテナの工事は、基本的に屋根で行なわれます。そのため、アンテナは天候によって様々な影響を受けてしまいます。台風や雪害のせいで、屋根から落ちて壊れてしまうことも多いです。また、強風のせいでアンテナの向きが変わってしまい、電波を受信できないこともあります。アンテナは向きまで計算されて設置するため、少しでも向きが変わっただけでもテレビは映りません。屋根に設置している以上、このような被害は避けられません。災害後にテレビアンテナを、自分で戻すのは危険なので業者に依頼しましょう。災害後の屋根は、雨や雪のせいで滑りやすいので転落する危険性もあります。

肉眼でも診れるアンテナの不具合

テレビアンテナに不具合があった場合、屋根に上って確認しますが危険です。ですが、屋根に上らなくても肉眼で故障した原因を把握できます。

故障時に調べておきたい場所

アンテナ本体
強風や雪害が起きた際は、家の外から屋根を確認してアンテナ本体を確認します。傾倒したり、アンテナ本体が折れていたりすれば一目で判断できます。傾倒していても、状態が良ければまだ使用可能です。ですが、アンテナ本体の素子や支柱が折れている場合は、交換が必要です。また、強風のせいでアンテナの向きが変化することもあります。設置した当時の向きを覚えておくか、他の家のアンテナと向きを比較してください。同じ地域ですから、アンテナの向きは同じです。
分配器やケーブルなど
設置してある屋根が原因でない場合は、ケーブルや分配器が原因の可能性が高いです。ケーブルの場合は接触不良が原因のことが多く、自分でアンテナとテレビを接続した際に起こりやすいです。また、ケーブルが外れていることもあるので簡単に点検できます。分配器が原因の場合は、雨風による錆で劣化したからでしょう。屋内用なので外に取り付けてしまうと、錆による接触不良が起きます。分配器が錆びていないかをチェックするようにしましょう。
TOPボタン